外側からの矯正

外側からの矯正

ワイヤー矯正は、歯の表面に『ブラケット』と呼ばれる装置を特殊なボンドで貼り付け、そこにワイヤーを通して正しい位置に歯を少しづつ動かしていくもっとも一般的な歯列矯正治療法です。 今までは金属製のブラケットを歯に装着することから、審美面を気にする患者さんなどを中心に敬遠されがちでしたが、最近では、セラミックやプラスチック製の透明なブラケットを使用することで目立ちにくい矯正歯科治療を選択することも可能となりました。

ワイヤー矯正のメリット

  • 最もよく行われていた矯正法なので、十分な実績があります。
  • 基本的に全ての不正咬合に対応可能です。
  • 治療期間が比較的短くなります。

ワイヤー矯正のデメリット

  • 歯の表面に矯正装置を付けるので、見た目が気になってしまう。
  • 矯正中は虫歯になりやすくなるので、注意深く歯のケアを行わないと虫歯が出来てしまう恐れがある。
  • 慣れないうちは食事などがしづらく、装置の異物感を感じる場合がある。

内側からの矯正

内側からの矯正

矯正装置を歯の裏側につけて、矯正をしているのがわからない、目立たないように治療する矯正の方法です。舌側矯正ともよばれています。 見えない矯正治療(リンガル装置)とは歯の裏側に装置を付ける治療法です。正面からは装置が見えないので、誰にも気付かれる事なく矯正治療をする事が出来ます。残念ですが、あなたが友達や周囲の人に言わない限り治療している事に気付く人はおそらくいないでしょう。しかし装置に慣れるまであまりうまく発音出来ない事がある為、気にならないように準備が必要になります。 これをクリアー出来れば誰も治療に気付く事は無いでしょう。

見えないリンガル装置のメリット

  • 装置が見えないため、他人の視線を気にしなくてもいい
  • 永久歯列期なら子供でも可能
  • 歯の裏側の方が虫歯のリスクが低い
  • 後戻りのリスクが減ります

見えないリンガル装置のデメリット

  • 口内の違和感に慣れるまで時間がかかる場合がある。
  • 矯正装置が舌に当たるのではじめのうち発音しづらい場合がある。
  • 表側からの矯正に比べると、料金が高くなる。