骨格の大きい受け口(外科的矯正治療)

顎の著しい成長、変形により生じた噛み合わせの不正咬合の場合には、矯正治療だけでは治療が改善することが出来ないため外科的に顎の位置関係を改善するために手術を併用して治療を行う方法があります。
これらの治療は、横浜市大病院の口腔外科とのチームアプローチを行っております。また顎変形症、下顎前突、顔面非対称、下顎オトガイ形成など矯正治療と併用による外科矯正治療の場合は保険が適用になります。

<骨格の大きい受け口の治療前の写真>
骨格の大きい受け口の治療前の写真
<手術前の矯正治療の写真>
手術前の矯正治療の写真
<顎の矯正を行った後の治療後の咬み合わせ>
顎の治療を行った後の治療後の咬み合わせ