保険診療による矯正治療

矯正治療は一般的には健康保険は適用されません。しかし、顎変形症および口唇口蓋裂等を伴ういくつかの指定の先天性疾患の場合には、保険で矯正治療を行うことができます。保険が適用できるのは自立支援医療(育成・厚生医療)指定機関および、顎口腔機能診断施設です。
当クリニックは、健康保険で矯正治療が可能な顎口腔機能診断施設・指定自立支援医療機関として指定・認定を受けています。

顎変形症の保険治療

顎骨の状態に問題があり、反対咬合や過度の上顎前突、開咬など咬み合せが大きくずれていたり、顔にゆがみがある場合には、顎骨の外科手術が必要な場合があります。そのようなケースは「顎変形症」と診断され、外科手術および前後の矯正治療に保険が適用されます。 通常の歯並びだけの矯正治療では十分な効果が得られないような症状でも、外科手術によって大きく改善できる場合がありますので、どうぞご相談ください。

顎変形症とは

顎の骨は、上の顎と下の顎、頬骨(きょうこつ) で形作られています。
顎変形症は、顎の骨の形・大きさの異常や位置バランスの崩れが原因 でおこります。顎のバランスが崩れているので、見た目の問題だけではなく、かみ合わせがわるくて上手く噛めない、話しづらいといっ た症状などの機能の異常を生じることがあります。

口唇口蓋裂の保険治療

口唇口蓋裂とは、生まれつき唇や上顎骨が結合していない状態のことで、疾患として保険治療の対象となります。治療期間は長くかかりますが、適切な治療を行うことで機能面でも審美面でも大きく改善し、生活の質を向上することができます。