Q1.舌側矯正をすると話しにくくないですか?

これまでの矯正治療は歯の表側に装置を付けるのが一般的でしたが、最近では、裏側に装置を付けて治療を行うことが出来るようになりました。多くの人がこ の装置で治療した場合でも3~4週間で装置に慣れ、正しく発音も出来るようになります。しかしサ行、タ行などの、舌が少し装置に触れやすい音は慣れるまで 多少時間がかかりますがほとんど問題はないと思われます。

Q2.裏側の矯正装置を付けて治療をすると治療期間はどの位かかるんでしょうか?

表側の装置と裏側の装置で比較しても治療期間は1年半~2年位でほとんど変わることはありません。しかし舌側矯正の場合、装着用の装置を作るのに約4週間かかるため治療開始までの準備としてお待ちいただく期間があります。

Q3.矯正治療を開始する年令が大人になっていては遅くないのでしょうか?

矯正治療を開始する年令は、20代以降になっても問題ありません。しかし年令が高くなるにつれ歯を支える歯周組織の病気を起こしている場合や歯周病になりやすいため予防処置をしながら治療を進めることが大切です。

Q4.矯正治療とは?

矯正治療とは悪い位置にある歯や顎の形を整え、正しく美しい歯ならびを作り出すことです。また、矯正治療により、悪い歯と顎の位置を整えることによって 歯ならびが良くなり、口の中の健康だけでなく心身共に明るく、健康に成長していく手助けとなる大きな役割を持っています。

Q5.治療はいつから始めたら良いのでしょうか?

それぞれのケースより、最適な開始時期が違います。少しでも変だなと気付いた時にすぐ相談され、診察を受けるのが良いと思われます。 それは、乳歯しか生えていない時期でもできるだけ早く治療を開始しなければならない時もありますし、永久歯に全部交換した後から治療を開始する場合もあ るからです。また、大人でも矯正治療は可能です。矯正治療は年齢に問題なく治療を行うことができます。 現在では、歯の裏側に装置をつけて、目立たなく治療をする方法もありますので、ご相談下さい。

Q6.どんな装置を使ってどのように治療するのですか?

装置は一人一人に最も適したものが使われます。口の中に使う装置のほとんど固定式のもので、一本一本歯に接着します。装置を歯につけますと、3~4日は歯 がしめつけられるような痛みがありますが、除々に痛みはやわらぎ慣れていきます。その後の日常生活に、ほとんど影響がありません。 これ以外の装置としては、頭部や頸部あるいは口の中に取りはずしのできる装置を装着し、家の中で時間を決めて使用してもらうものもあります。

Q7.治療は次のような流れで進めていきます。

  1. 矯正治療についてご相談下さい。その後、精密検査(レントゲン・写真・歯の型をとる)を行います。
  2. 検査の資料をもとに、診断・治療方針を説明し、ご本人の意思の確認をへて、治療費用・支払い方法についてお話します。
  3. 矯正装置の準備と歯みがきのしかたの指導をします。
  4. 治療開始です。矯正装置の装着を行うため、1~2時間かかります。
  5. 以後は約4週間に1度、来院をしてもらいます。 1回の治療時間は15~60分程度です。

Q8.矯正治療を成功させるために!

矯正治療は装置を装着すれば治るというわけではありません。いちばん大切なことは治療する「本人のやる気」と治療における「協力」が必要なのです。 これがあれば矯正治療は成功したのと同じです。

Q9.治療期間と時間はどのくらいかかるんですか?

治療期間は症状によって個人差はありますが、ふつう1年~2年半位の期間がかかります。
しかし、長い方で数年にわたることもあります。治療が終了した後に、あともどりを防ぐために取り外し可能な装置を1~2年使用していただきます。 毎回の治療は1ヶ月に1度、通院していただき、1回の治療時間は15分~60分ほどです。

Q10.費用支払方法は?

費用は治療の内容、難易度、期間により異なります。治療開始前に検査を行い、それに基づいて、医師から治療方針、費用、支払方法(分割が可能です)などについて説明がありますので、その時にご相談下さい。