「矯正治療は大人からでも可能です。
 何歳からでも無理なく治療の
 ご提案をさせて頂きます。」

成人矯正

成人矯正

矯正治療は子供のイメージが強いですが、近年、みえない矯正器具などの普及により成人の方の矯正が増えてきています。
「歯の矯正は子どものときにしておくもの」「大人は歯がなかなか動かないのでは」、「矯正装置をつけていると恥ずかしい」など、 矯正治療をあきらめてしまっていませんか?
たしかに、子供の乳歯から永久歯に生え変わる時期に矯正治療をすると顎の位置を正しい位置に動かせる可能性が高く、治療をはじめるには非常によい時期です。 しかし、成人の場合は発育が完了しているため治療計画が立てやすく、本人が納得して日頃のケアや通院に積極的に取り組むため、スムーズに矯正できるというメリットがあります。
矯正治療の目的は、きれいな歯並びや口元を得るだけでなく、かみ合わせを改善し、お口の中を健康に保っていくことにあります。歯並びを整えることにより、虫歯や歯周病のリスクが軽減され、歯の寿命を延ばすことができます。
矯正治療に年齢制限はありませんが、年齢を重ねるごとに、リスクも上がり、治療方針が狭まってくることも事実です。 歯並びの不正が気になりましたら、早めにご相談ご来院ください。

成人矯正のメリット

1.効率的に治療できる

子供とは異なり、本人の意思で治療を受けるため、矯正治療に対する、理解、協力性が比較的得られやすい。

2.治療計画が立てやすい

発育が完了しているため治療計画が立てやすい。

3.全身に好影響がある

歯の審美的な面だけでなく、かみ合わせを改善し、肩こりや顎関節症の改善など全身によい影響を与えやすくなります。

4.むし歯や歯周病になりにくくなる

歯並びが悪いと、歯ブラシが届かない場所もたくさんあります。そこで、矯正治療によって、歯ブラシでしっかりと磨くことができるので、むし歯や歯周病を防ぐことができるのです。

成人矯正のデメリット

1.社会的制約が多い

平日はお仕事などで、土・日曜日しか治療できない。

2.抜歯が必要になるケースがある

顎の成長は見込めないため、歯の移動による治療となる。そのため抜歯が必要になる場合がある。

矯正装置の種類

矯正治療に使用する装置は従来からある外側に装置を装着して治療するものが一般的な治療方法ですが、当院では内側に矯正装置を装着して行う“見えない矯正治療(リンガル・システム)”を行っており患者さまのニーズにあった装置を選択することが出来ます。 治療期間においても外側に装置を付けて矯正治療を行った場合に比べて見えない矯正装置で治療を行ってもほぼ同じ期間かより短い期間で治療できる場合もありますので装置の選択の際ご相談下さい。

外側からの装置

外側からの装置
  • 素材は金属のブラケットを使用した場合、少し目立つが費用が安い
  • 透明で目立たないブラケットを使用した場合,金属に比べて目立たない

内側からの装置

内側からの装置
  • 上の歯のみ内側にブラケットを装着し下の歯は外側に透明な装置、この場合でもほとんど矯正治療しているのが分からず比較的リーズナブル
  • 上下の歯とも内側につけ行う装置、この場合は治療しているのがだれにもわからない

見えない矯正治療(リンガル・システム)の治療法の説明